‘解決事例’ カテゴリーの記事一覧

40代男性 債権者数3社 負債総額410万 破産申立

2018-04-04

■借入れの理由

会社の倒産,病気により働けなくなり生活費のために借入れをした。

■生活状況

本人の障害年金と妻の給与で,小学生・中学生の子と4人で生活をしていた。生活していくだけで精一杯の状況で返済をすることが困難であり破産を決意した。

■選択した債務整理の方法

破産(同時廃止)

免責不許可事由である支払不能後の偏波弁済があり,方針としては,管財事件で予納金が必要であった。しかし,予納金を準備することは困難であり,本人の強い希望で同時廃止で申し立てを行った。

■問題になった点

申し立て後,裁判官から予納金を指示された場合,取り下げをするしかないが,本人の生活状況から時間をかけても予納金の準備が困難であったこと。

■解決に至るまでのポイント

同時廃止で申し立てをしたが,偏波弁済の金額が多額であったこと,本人には関係ない債権者への弁済であり否認権の対象となるため,裁判官より予納金を納めるよう指示があった。本人の了解を得た上で当方から本人の親族へ事情を説明し,予納金を援助してくれるとの確約を得た。また,本来は通常管財事件で50万円の予納金が必要となるが,弁護士が申立代理人であることや本人の事情が考慮され,小規模管財となり予納金20万円を納め手続きが進められた。

 

30代男性 会社員 債権者数8社 負債総額320万円

2017-10-03

■借り入れの理由

給料が減額した時と,子どもの出生が重なり,借金をしたところ,生活を立て直すことができなかった。

 ■生活状況

夫婦・子2人の生活でしたが,収入22万円に対し返済額が月に6万円となっており,返済比重が高い状況でした。

 ■選択した債務整理の方法

破産(同時廃止)

■問題になった点

当事務所に相談になられた際,債権者より民事裁判を提起されており,判決が差し迫っている状況でした。
給与の差押えをされてしまうと,今後の生活設計が難しくなるため,早急な破産申立の必要がありました。

 ■解決にいたるまでのポイント

家計簿の指導をしながら,生活の改善をすすめました。
また,差押さえ等がされないようにすぐに破産の申立の書類を作成しました。
その結果,給与の差押さえがなされることなく,無事に開始決定及び免責決定を得ることができました。

60代女性 生活保護受給者 債権者数5社 負債総額260万円

2017-06-28

■借入れの理由

元夫からの付きまといによる引越し費用,収入が減った事による生活費,医療費のために借り入れをし,結果多額の借金を背負うことになりました。

 ■生活状況

一人暮らし。
病気で仕事を辞めた後,なかなか体調が戻らず,生活保護と年金を受給しています。

 ■選択した債務整理の方法

破産(同時廃止)

 ■問題になった点

生活保護受給中に,借入れと返済をしていた点

 ■解決にいたるまでのポイント

家計簿をきちんとつけていただき,月の生活保護費及び年金収入の範囲内にて,やりくりしていただきました。
その甲斐もあり,同時廃止手続きにて破産の申立をすることができ,無事に免責決定を得ることができました。

 

40代男性 会社員 債権者数12社 負債総額580万円

2017-06-28

■借り入れの理由

事業を営んでいた際の未払い家賃や,事業に関する借入,生活費が足りない際の借入

 ■生活状況

家族3人で,高校生の子供がおり,共働きではあるが生活にはゆとりがありません。
日中・夜間問わずに就労し,収入を得ていますが,手取り額にばらつきがあり,580万円ほどの借金を毎月分割であっても約定通りに返済していくには厳しい状況でした。

 ■選択した債務整理の方法

破産(少額管財)

生命保険の解約返戻金が多額であったため,その保険を認めてもらうために少額管財にて申立をしました。

 ■解決にいたるまでのポイント

今回の事例では,生命保険を手元に残すために少額管財という手続きをとり,管財人より解約返戻金が多額になる生命保険の保有を認めていただきました。
少額管財という手続きにはなってしまいましたが,ご依頼者様のご希望に沿った結果になり,無事に免責決定まで得ることができよかったです。

50代男性 生活保護受給者 債権者数4社 負債総額380万円

2016-12-15

■借入の理由

住宅を購入したところ,体調を崩してしまい仕事をすることができなくなったしまいました。住宅を売却しましたが,残債が残ってしまいました。

■生活状況

奥様のパート収入がありましたが,4人家族暮らせる収入ではないため,生活保護を受給されていました。
体調が悪くお仕事ができない状況で,かつ,生活保護を受給している中では,約350万円の負債を返済することができず,当事務所へご相談に来られました。

■選択した債務整理の方法

破産(同時廃止)

借金の主な理由が住宅ローンの残債であり,その他主だった事情がなかったため,同時廃止事案として破産の申立を行いました。

■解決にいたるまでのポイント

家計簿をきちんとつけていただき,月の生活保護費及び奥様のパート収入の範囲内にて,嵩んでしまうお子様の教育費等をきちんとやりくりしていただきました。
その甲斐もあり,同時廃止手続きにて破産の申立をすることができ,無事に免責決定を得ることができました。

 

40代男性会社員 債権者数14社 負債総額1500万

2016-12-15

■借入の理由

生活費,交際費等に支出が嵩み,借入をしました。また,不妊治療にお金がかかり借入をしました。

■生活状況

子が小さく妻は専業主婦で,夫の収入しかない状況でした。
月の収入30万円に対し月々の返済が36万円となり,借入をしなければ返済ができない状況が続き,生活が立ち行かなくなったため,法律事務所に相談に来られました。

■選択した債務整理の方法

破産(少額管財)

■上記債務整理の方針において,問題になった点

親戚への貸付金500万円ほどあり,この貸付金を財産とみなされれば少額管財ではなく,通常管財になる可能性がありました。

■解決にいたるまでのポイント

借入総額が大きく,また,親戚の方への貸付金があったことから,通常管財になる恐れがありました。
しかし,親戚の方への貸付金について裁判所にきちんと報告し,また借入理由を詳しく確認したことにより,少額管財にて申立が認められ,無事免責決定を得ることができました。

40代・男性・会社員 債権者数4社 負債総額340万円

2016-12-15

■借入の理由

転職に伴い住居の変更が必要になり,転居費用のために借入をしました。また,体調面から仕事ができない期間の生活費として,借入をしていました。

■生活状況

単身での生活でしたが,まったく収入がない状況でしたので,親族の援助や借入で生活をしていました。それでも家賃や光熱費の滞納等が嵩み,当事務所にご相談になられた際には1件債権者より裁判をかけられていました。

■選択した債務整理の方法

破産(同時廃止)

■上記債務整理の方針において,問題になった点

当事務所に相談になられた際,債権者より民事裁判を提起されていました。
当時,新しく仕事を始められたばかりで,給与差押だけは避けたい状況であったため,早急は破産の申立の必要がありました。

■解決に至るまでのポイント

家計簿の指導をしながら,生活の改善をすすめました。
また,差押さえ等がされないように早急に破産の申立の書類を作成しました。
その結果,給与の差押さえがなされることなく,無事に開始決定及び免責決定を得ることができました。

 

60代男性・パート 債権者数15社 負債総額350万円

2016-12-15

■借入の理由

夫婦共働きでがんばっていましたが,妻が倒れ妻の収入がなくなり,またご依頼者様の収入の低下により,家賃や生活費が足りずに借り入れをすることになりました。

■生活状況

毎月の収入にばらつきがあり,多く給与をもらった際に貯蓄をし,少ない給与のときに補填しなければならない状況で,負債がある状況では一家三人が生活をすることが難しい状況でした。
また,妻は介護が必要で働きに出ることができず,デイサービスを利用しなければならない状況のため,妻の障害年金と本人の給与で生計を立てる必要がありました。

■選択した債務整理の方法

破産(同時廃止)

■上記債務整理の方針において問題になった点

直近ではないものの,住宅の売却や相続の問題があったため,同時廃止で破産の申立ができるかどうか問題になりました。

■解決に至るまでのポイント

受任後,毎月家計簿のチェックにお越し頂き,家計の状況等を把握させていただいていました。
住宅の売却や相続の問題があったものの,お金の流れをきちんと説明したことでなんとか同時廃止での破産の申立をすることができ,無事に免責決定を得ることができました。

 

50代女性・ヤミ金からの借入

2016-12-15

■借入の理由

ヤミ金から借り入れをし,ヤミ金からの督促や取立てが厳しくその対応を依頼するため,当事務所に依頼されました。

■事務所の活動

不正口座の凍結,警察への情報提供

■解決にいたるまでのポイント

当事務所において受任して以来,まずヤミ金に不正利用された口座を凍結しました。
また,ヤミ金業者との電話の応対や取立て等の対する対応を指導しました。
そうしたところ,ヤミ金業者からの取立てや連絡がなくなり,現在では健やかに生活をされております。

 

40代パート女性 生活保護受給家庭 過去に特定調停にて債務整理あり

2016-12-15

当事務所にご相談に来られた際,ご本人がおっしゃっていた債権者は6社で総額350万ほどでそのうち1社より裁判にかけられていました。
しかし,当事務所で債権調査をしたところ,そのうちの3社は時効にかかっていることがわかり,最終的に債権者数3社,負債総額250万円になりました。

また,給与差押さえや預金の差押さえをされないよう早急に破産の申立の準備を行いました。
結果,訴訟は取り下げになり差押さえをされることなく,破産,免責の決定を得ることができました。

 

« Older Entries
Copyright© 浜松の弁護士による債務整理 破産・個人再生相談所 All Rights Reserved.